« May 2016 | Main | July 2016 »

June 17, 2016

魚料理フルコース(販売はしておりません。)

<RUBINの魚料理 至福のフルコース>
居酒屋 流瓶 不定オープン 営業外部活動
・お通し 発酵系おつまみとロタのトマト
・釣りたてカツオ、キハダマグロの血合い ごま油とロタ塩で
・カツオ、キハダマグロ お刺身 サイパンより薬味たくさん
・煮魚 クジャクハタ 
・にぎり鮨
・クロヒレハタあら汁
・久保田万寿 

P1020137jpgnew
P1020142jpgnew
P1020147jpgnew
P1020171jpgnew
P1020152jpgnew
P1020175jpgnew
P1020153jpgnew

| | TrackBack (0)

June 15, 2016

コブシメ(拳目)の産卵

ROTA島コーラルガーデンでは今日もコブシメが産卵中。メスが3バイ、
オスが1パイ。代わりばんこにサンゴに卵を産みつけます。
そ~と近寄れば触れそうな距離に近づいてきたり、産卵シーンも
じっくり観察できます。
産卵は約70日間続き、そのあと孵化が2か月くらい続くそうです。
最初の産卵が6月初旬だったから、7月いっぱいは楽しめそうです。
いつも潜るポイントから少し離れていますので、リクエストして下さい。
中世浮力でそ~っとゆっくり泳げるダイバー限定です。
P1020091jpgnew
そ~っと、そ~っと。
P1020084jpgnew
産卵は順番待ち~。

| | TrackBack (0)

ロタホール 絶好調です~!!

6月に入り、やや透明度が落ちた日もありますが、最近急にきれいな水に
入れ替わりました。
どこのポイントも透明度50m、ロタホールもご覧のとおり抜群です。
限りなく100点に近い99点となっております。
まだまだ続くベストシーズン、この光に包まれて幸せになってみませんか?
P1010966jpgnew
しっとりと輝くROTA BLUEの光線。海面もオイリーなべたなぎです。
P1010972jpgnew
見る角度を変えるとこんな幻想的な景観になります。
P1020010jpgnew
これはたまりませんね。
P1020007jpgnew
光の中を泳いでみよう。

| | TrackBack (0)

June 08, 2016

カエンサンゴ(ファイアーコーラル)が戻ってきた。

2012年5月に発生した台風2号はロタ島西側海岸を中心に北向きの海岸線は
大荒れとなりました。台風が去って、海に潜ってみると島中の「カエンサンゴ」
がすべて破壊されていました。
繁殖力は強いもののデリケートな生物で、サンゴと名はついていますがサンゴ
ではなく、ヒドロ虫系の生物に分類されます。
繊細な枝振りは淡いベージュでかなりきれいでしたが、この台風以来、
島のいたるところで見られた「カエンサンゴ」は見られなくなってしまったのです。
これは311の影響もあるのだろうか?・・・と勝手に想像していましたが、
最近になって少しづつよみがえってきました!
今は全体の1%にも満たない回復ですが、来年にはあの繊細な枝ぶりが
見られることに期待しています。
P1010875jpgnew
無残に破壊された「カエンサンゴ」藻に包まれています。
P1010876jpgnew
新しい岩肌から生えてきた「カエンサンゴ」淡いベージュがきれいです。

| | TrackBack (0)

ラッキーなお客さま

5月からカツオが釣れています。
早朝、夕方にはトローリングに出航することもしばしは。
釣れたカツオはすぐにさばいて一日寝かせます。
ラッキーなお客様は翌日こんなものにありつけます。
商売とはまったく別なのでいつもあるわけではないのです。^_^;
P1010828jpgnew
しゃりは小さく、ひとくちでほろりと味わえます。

| | TrackBack (0)

この青い海と空がお待ちしております。

6,7,8月、ROTAのベストシーズンはまだまだ続きます。
RUBINのスタッフは正規ビザ保持者、ロタ生まれのチャモロスタッフ、整備されたボート、
男女温水シャワールーム完備、風通しの良いテラスでの憩いのひと時も味わえる落ち着いた
雰囲気の店舗で皆様をお待ちしております。
USコーストガードボートの規定により乗客定員は6名ですがぎゅうぎゅう詰めの航行ではなく、
余裕を持った2艇のボートに乗り分けていただきます。
もちろんRUBIN専属のボートキャプテン歴12年のアービンと私が操船いたします。
ダイビングポイントは30か所近くございますが、それに加えRUBINのダイビングスタイルは
ドリフトダイビングを得意としております。透明度50mオーバーの海中をまさに飛ぶ、
「空飛ぶスクーバ」をぜひお楽しみください。
ロタホールの光のショーは潜る時間によって景観が異なります。
皆様にご満足いただけるよう、
その日のベストな時刻にご案内できるようにスケジュールを立てています。
朝の光が入る瞬間の神秘、、午後の光のカーテンに包まれるやすらぎの時もお楽しみください。
P1010567jpgnew
RUBINのロケーションはROTA西港。目の前にはこの景色が広がります。

| | TrackBack (0)

ROTA HALL ロタホール ベストシーズン事情

昨年この光を見ることができた人は少ない。毎月やってくる台風に翻弄された2015年。
今年は1月から一つも台風が発生していない。秋が心配ではあるが、4月から始まった
この洞窟のベストシーズンは続行中です。
この光景に出会えると何か一つ人生で得をしたような気になります。
RUBINのサービスでゆったりこの景観を味わってください。
P1010712jpgnew
洞窟の奥、浅い水深から見下ろす。
P1010727jpgnew
海底に降りて見上げれば神秘の光に包まれる。

| | TrackBack (0)

コビレゴンドウの季節

コビレゴンドウ 4月から5月、ROTAの海が凪ぎるとやってくる体長4~5mの歯クジラ。
以前はボートの横についてゆっくり泳いだり、海中からこちらを見つめたり、
触れるくらいそばで泳いだりしましたが、今年は?... とても警戒している。
1週間前、米国の調査隊と称するグループが1週間追い掛け回し、クジラを撃ち、
肉を採集していったらしい。
何かの必要があったにせよ、こんな小さな島でわざわざ行う意味が分からない。
亀の調査と称して捕獲してタグを付けるグループも毎年やってくる。
このグループが来るようになって、
警戒心を持たなかった亀が生息していた地域の亀は激減した。
先月は野生動物自然環境保護局の局員がウミガメを捕食した罪で逮捕された。
自然がたくさん残っている島で暮らしているのに、さみしい気持ちになる。
P1010539jpgnew2
50頭くらいの群れに遭遇。すぐに海に入ったが近づいてきてくれない。
P1010540jpgnew
その中の1頭が少しの間、腹を見せてくれた。
P1010836jpgnew
警戒心のないカメは激減してしまった。このコはダイバーを気にせずゆったり泳ぐ。居場所は秘密。

| | TrackBack (0)

コーラルガーデン コブシメの産卵

例年よりやや遅く、コブシメの産卵が始まりました。産卵に適したサンゴの周りに
5月は8パイ、現在は♀3ハイ、♂1パイ。時々♂♀の比率は変わります。
そ~っと、ゆっくり近づけば産卵シーンも見せてくれます。
産卵は2か月ほど続き、その卵が孵化するまで70日くらいかかるそうです。(NHK情報)
本当は見に行かないのがコブシメのためだと思いますが、かわいいのでそ~っと
見守りたいです。海が荒れなければ7月いっぱい楽しめそうです。
いつも行くコーラルガーデンのエリアよりすこし離れていますのでリクエストしてください。
P1010840jpgnew
♀、脚がみじかい~。
P1010858jpgnew
♂、脚がなが~い。

| | TrackBack (0)

« May 2016 | Main | July 2016 »