« October 2012 | Main | December 2012 »

November 20, 2012

USビザ We've got CW-1.

10月末よりUSビザ申請、発給のため、3週間帰国しました。
弊社スタッフは全員無事にビザの発給が完了しました。
帰国中にお世話になった皆様、お会いできなくともRUBINを応援していただいて
いる皆様に心よりお礼申し上げます。
これからも皆様の応援をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
<US VISA CW-1>
このビザは2009年11月にアメリカ合衆国連邦化となった北マリアナ諸島共和国
に滞在する職業を持った外国人が2014年12月31日を期限として既存のUSビザ
に移行するためのノンイミグラントビザです。現マリアナ諸島以外のアメリカ
合衆国圏内には入国することが出来ないなどの制限があり、アメリカ合衆国に
対して旅行する場合にはPAROLE(直訳で仮釈放)申請が必要になります。
良く映画などでみられる移民局の窓口のような恐い厳しい雰囲気は無かった
ですが、申請室内は独特の緊張感が張り詰めていました。いろいろな事情で
VISA申請をされる方がいらっしゃり、世界は人と人でうまくつながっているの
だなぁと感じました。ロタ島の現状は決して上向きとは言えませんが、
一つ一つ問題を解決して、ご来島いただける皆様にご満足してもらえるよう、
これからもがんばります。皆様のご来島を心よりお待ち申し上げます。
マリアナ諸島内でこれからビザ申請される方のために念のため手順を
書いておきます。
<US VISA申請の手順>
日本人は在日本国内のアメリカ大使館にて申請が必要となります。
東京の場合は下記の通りの手順となります。
1.営団地下鉄銀座線「溜池山王」にて下車 13番出口を出て右に50m、
  また右へ。
2.歩道上に日本の警察官が待機、検問を通ります。
3.歩道上にビザ申請のための立て札があり、列に並びます。
4.待つこと30分、第一検問所が開きます。かなりシビアな係員と装備。
5.小物入れに申請用紙、パスポートなどを出し、X線検査場へ。飲み物、
  食べ物は破棄。*バッグの外ポケットにキャンディが入っていたので申告
  すると「この場で一つ口に入れて、そのほかは破棄してください。」
  と言われたのでその通りにしたら並んでいた人たちから笑い声が響きました。
6.電話、カメラ、電卓などは持ち込み不可。保管されます。
7.VISA申請専用の建物に入り、提出書類を受付で係員に提出、番号カードを
  もらい手荷物の再検査を経て入室
8.電車の切符を買うような窓口の前に椅子が150席ほど並んでいます。
  ここで自分の番号が呼ばれるまで待ちます。(TVに番号が表示されます。)
9.もし書類に不備がある場合は1番窓口に呼ばれて訂正します。
10.番号が表示されたら指定の窓口へ、指紋を採り、再度待機します。
11.再度番号表示に従い、係員の面接を受けます。
   「この会社で何年働いているか?何の仕事をしているか?」など。
12.私の場合は最後に日本語で「アナタハダイジョブデス」と言われました。
13.VISA申請受理の書類をもらい、パスポートは1週間以内に届きます。
   といわれました。
14.手荷物検査場で携帯電話などを引き取り、外へ。
   これで申請は終わりました。
15.3日後、実家にVISAのついたパスポートが送られてきました。
16.サイパン空港ではもぎ取られるはずのI-94の半券は取られなかったです。
   次回サイパンに行ってUSCISに提出する予定です。
   その代わりに通常の白いI-94にcw-1と書かれたものを
   パスポートに留めてくれました。

P1010010


| | TrackBack (0)

November 01, 2012

みんなで見てください。

11月3日(土)夜放送、BS朝日2時間番組にあやのさんが出演しますので、お知らせ致します。
みんなで観てください!

http://www.bs-asahi.co.jp/ourearth/index.html

■11月3日(土) 19:00~20:54 BS朝日5ch
ネイチャードキュメントシリーズ ボクらの地球
「イルカの島の奇跡」東京の秘境・御蔵島

東京都心からわずか200kmの秘境、御蔵島。ここには、世界でも類まれな豊かな自
然がある。
“奇跡の島”とも呼ばれるこの島の魅力を探る旅に出たのは、女優・中越典子さん。
水中写真家・鈴木あやのさんと共に、神秘の海と、巨樹の森を行く。

| | TrackBack (0)

« October 2012 | Main | December 2012 »