« May 2011 | Main | July 2011 »

June 28, 2011

6月のロタ その3.

その3.
いつも長期ご滞在のMs.S。
今回のご滞在中前半は天候に恵まれなかったのですが、海はどんどん良くなり、
最終日はこのありさま。
先日水中モデルの「鈴木あやの」さんがいらしたときにはGULLのバラクーダフィンで
素晴らしいシルエットを見せていただいたので、まねをしてみました。
フィンはクレッシーサブのロンディンL(エル) 通称 ロンエル です。
見事なフィンさばきでロタホールに舞っていただきました。
P6270149
なかなかやりますね~。

次回は「鈴木あやの」さんの登場です。
綺麗すぎる水中モデルとして大評判の彼女がロタホールに潜ります。
乞うご期待!

| | TrackBack (0)

6月のロタ その2.

その2.
日によって潮流も変化します。大潮の海は川のように流れてダイバーを下流に運びます。
でもその方向を知っていれば楽チン間違い無し!の~んびり、ユッタリもぐれるのです。
年間平均800DIVEを続けているので、読みが外れることはほとんどありません。
もしエントリーしてから流れが逆になったり、水面と水中の流れが逆の場合はそれなりに
別のコースも準備しています。人生とは逆で、ダイビング中はなるべく楽なコースを選ぶのがコツです。
P6200097
結婚式、披露宴、新婚ダイビングをまとめてロタにいらして頂いたKご夫妻 ラブラブですな~。
P6240001
南アフリカ ケープタウンからはるばる。重鎮 Mr. F グレート!
P6170028
富山からいらしたSHOP TOURの皆様 息の合ったダイビングでした!

その3もよろしくお願いいたします!

| | TrackBack (0)

6月のロタ その1.

6月のロタはご存知の通りベストシーズンです。台風5号の影響でしばらくロタホールに
潜れない時期もありましたが、この時期に潜られた方は大満足でご帰国されました。
一部を紹介させていただきます。
P6020162
Mr.Mrs. SさんとB&Mご夫妻、お誕生日ダイビングです。
P6060029
ピッカピカのちのっち
P6200076
Tご夫妻 ロタ名物 マリンバードにて

その2もご期待ください!

| | TrackBack (0)

June 11, 2011

深海の楊貴妃

ロタで初めて見つけた魚「カシワハナダイ」亜種
深海の楊貴妃たる妖艶な模様は息を呑むほど美しい。
それに泳ぎ方も優雅である。
やわらかく、ゆらりとヒレをふりながら巣穴を出入りする。
エメラルドの眼で見られるとイチコロである。
でも、この固体はオス。深度は20mとあまり深くない。
今度じっくり写してみようと思います。
P6060017
ちょっと浅場に遊びにきただけなのかなぁ?

| | TrackBack (0)

June 09, 2011

ロタホール絶好調です!

最近のロタホール、絶好調です。
50m近い透明度、光の筋の一本一本まで鮮明に見られる夢の世界。
一度入ったら出たくなくなります。
外洋も魚影が濃く、ナポレオン、サメ、グルクンの群れなどが泳ぎまわります。
この機会に是非!光のシャワーを浴びに来てください。
P6060071
光に吸い込まれます。
P6060072
キラキラ、サラサラ、音が聞こえそうです。

| | TrackBack (0)

June 04, 2011

ギンガメアジの滝

ハルノンドロップオフ
最近はスピアフィッシングもあまりされていないのでギンガメアジは悠々と泳ぎ回っています。
水深25mあたりに一塊、40mあたりに一塊、そしてペアリングの相手をさがす大型のグループは
12mあたりに群れを作ります。
ドロップオフ沿いに流れに乗っていると、時には崖っぷちから滝のように流れ落ちる大群に会います。
群れは一気に40mまで降りて、しばらくすると浅瀬に戻っていきます。
その瞬間はあまりに早い為、なかなか写真にすることができませんでしたが、運よく撮れた一枚です。
ダイバーの泡にもご注目ください。
ベテランダイバーご夫妻が泳ぐ頭上には流れが強くて水面に上がれない泡が漂っています。
海況が良くてもこんなことが多々あるハルノンドロップオフ。
是非一度挑戦してみてください。
P6010076
一気に水底に!
P6010080
ダウンカレントに負ける泡
P6010110
ベタなぎ、快晴、この形の雲はベストシーズンの証

| | TrackBack (0)

June 03, 2011

海は荒れても・・。

台風2号の影響がまだ続いています。
大きなうねり、波長の長いうねりがROTAに押し寄せ、ロタホールはいまひとつ・・。
ドロップオフもうねりの影響で底ゆれが激しいです。
でも、潜ってみると相変わらずの透明度50m。流れの強い時にはブラックチップ、
ナポレオン、カマス、アジ、グルクンの群れが所狭しと泳ぎまわります。
ふと水面を見上げると、岸に打ち寄せた波が作る泡の絨毯がふんわりとふんわり
かぶさっています。
シャッターを切ると、そこにはこんな景色が。
どっかで見たなぁ? 広重?北斎?広重かぁ。
荒れた海が見せてくれた素敵な一枚でした!
P5290058


| | TrackBack (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »